top of page

メイクしやすい鏡の大きさは?

メイクアップミラーの種類は様々ですが、毎日使う鏡は頭の先から首元までしっかり映る大きさを選びましょう。


鏡の大きさはお顔全体のバランスがチェック出来る直径20cm以上の物がおすすめです。ではなぜ20cm以上の大きな鏡がよいのでしょうか。


鏡の大きさが約20cmで頭の先からデコルテまでを映し出せると言われており、20cm以下だとお顔の一部が欠けてしまったり、お顔の左右対称を確認出来ず全体のバランスが取れないことが難しいからです。また、目元や口元などの細かい部分は、ハンドミラーを併用するとメイクの完成度が格段に上がります。


メイクをする時に無理な姿勢になるものや、サイズが小さくて鏡から距離をとらないと顔が映らないものはメインのメイクアップミラーとして選ぶのは避けた方が良いでしょう。無理な姿勢になると、前傾姿勢になり体がゆがむ原因になります。また、皮膚がよれたり顔に影が出てくすみと勘違い、厚化粧の原因になりメイクの完成度がダウン。高さ調節が可能なタイプを選んで、良い姿勢を保ちながらメイクやスキンケアが出来る物を選びましょう。

 

HORIUCHI MIRROR(ホリウチミラー)の製品は、肌色の「くすみ」の原因となる鉄分をより多く取り除いた透明度の高いガラスと、色の再現性が高い反射金属との組み合わせの特許取得のナピュア®ミラーを使用しています。キレイな映りだけではなく有害な鉛成分を全く含まない、人と環境にやさしいミラーです。(特許番号 PAT.3732490)


HORIUCHI MIRROR の 2 Way フォールディングミラーは、鏡の高さを変えてメイクができる折りたたみタイプの 2通りの使い方ができるメイクミラー。使わない時は折りたためば場所を取らずにコンパクトに収納が可能です。



HORIUCHI MIRROR の メイクアップミラーは、鏡の高さを変えてメイクができるメイクミラー。シンプルなデザインでお部屋のインテリアや雰囲気に馴染みます。デザインだけではなく、ローポジションとハイポジションで10cm高さが変わり、角度調整も可能です。

Komentar


bottom of page